W A I T A M I N U T E .
%
TECH KNOWLEDGE

TERAKOYA WEB

techknowledge

Macのローカル環境(MAMP)にWordPressをインストールする

WordPressをダウンロード


日本語版WordPressサイトから、最新版WordPressをダウンロードします。
「WordPress ○○(バージョン) をダウンロード」というボタンをクリックすると、ZIP形式のファイルのダウンロードが開始されます。

Zipファイルを解凍

ダウンロードしたZipファイルを解凍すると、「WordPress」というフォルダが表示されます。
この「WordPress」というフォルダ名を任意の名前に変更します。おすすめは英語で「ドメイン名」または「プロジェクト名」にすることです(ドメイン名にする場合は、.ドットを使うとエラーの原因になるので、適宜、_アンダーバーなどに変更してください)。

htdocs下に配置

名前を変更したWordPressフォルダをコピーしておいてください。
次に、お使いのMac内にあるMAMPの中の「htdocs」ディレクトリに移動します。
MAMPインストール時に、特に何もいじっていない場合は下記の場所にあるはずです。
ファインダー > アプリケーション > MAMP > htdocs
このhtdocsの中に、先ほどコピーしたWordPressフォルダを配置(貼り付け)します。

サーバーを起動させる


今度はMAMPを起動させます。
MAMPのコントロールパネルより、「Start Servers」をクリックし、ApacheサーバーとMySQLサーバーを起動させます。
コントールパネル右側の「Apache Server」と「MySQL Server」が緑色に点灯すれば、起動成功です。

データベースを作成する

phpMyAdminを起動

データベースにも色々と種類があるのですが、その中でもメジャーな「MySQL(マイエスキューエル)」というデータベースを使って、WordPress環境を構築していきます。
通常、データベースはターミナルのような真っ黒い画面から、専用のコマンドを入力して操作を行うものなのですが、これをボタンなどで視覚的にできるようにしてくれるシステムが存在します。それが、「phpMyAdmin(ピーエイチピーマイアドミン)」というものです。

MAMPのコントロールパネル真ん中の「Open WebStart page」をクリックします。

MAMPのスタートページが表示されますので、上部メニューの「TOOOLS」をクリックし、その中の「PHPMYADMIN」をクリックします。

データベースを作成する


phpMyAdminの画面に切り替わります。
画面向かって左側のメニューの中の、「New」をクリックして、新しいDBを作成します。

「Database name」には任意のデータベース名(英語)を入力します。おすすめは「wp_プロジェクト名」がわかりやすいです。例えば、Ceepのテスト環境の場合は「wp_ceep」など。
データベース名の右側は、文字コードの指定欄になっています。日本語開発環境で日本語のサイト制作が主だと思いますので、基本的に「utf8_general_ci」を選択します。
設定内容に間違いがなければ「Create」ボタンをクリック。データベースが作成されます。

WordPressのインストール

ローカルホストにアクセス

WordPressを配置したローカルサーバーにアクセスします。
次のURLの「○○○」を、ご自身で設定したWordPressフォルダ名に書き換えて、お使いのブラウザでアクセスします。
http://localhost:8888/○○○/

WPのインストール


ローカルサーバー内のWordPressディレクトリにアクセスすると、インストール画面が表示されます。
「さあ、始めましょう!」をクリック。

「データベース名」→ 先ほど作成したデータベース名
「ユーザー名」→ root
「パスワード」→ root
「データベースのホスト名」→ localhost
「テーブル接頭字」→ wp_
上記内容で「送信」をクリック。

「インストール実行」をクリック。

画面に表示された設定内容をすべて入力し、「WordPressをインストール」をクリック。
※WordPressは不正アクセスの報告が非常に多いシステムです。ローカル環境であろうと、特にパスワードは誰にも推測されないような強固なものを設定するよう癖づけましょう。

この画面になれば、インストールは完了です。「ログイン」をクリックして、ログイン画面に移動し、管理画面へログインしてください。

プラグイン設定

WordPressには「プラグイン」と呼ばれる拡張機能が存在します。インターネット上からカスタマイズ機能をダウンロードして組み込む機能です。
外部で作成された仕組みを取り込むことは、それだけ外部との通信回数や、通信ルート、通常では実現しない機能を有することになり、それらがセキュリティホール(不正アクセスやバックドアなど、何らかの改ざんを加えられる入り口)を作り出す要因となります。なので、プラグインは数を増やさないことをオススメします。
しかし、「これは入れるべき!」というプラグインもありますので、それらを導入していきます。
プラグインの導入ですが、管理画面メニューの「プラグイン」→「新規追加」→「プラグイン名を検索」→「インストール」→「有効化」という手順で導入します。以下では、オススメのプラグインを紹介します。

Classic Editor


WordPressで記事を投稿する画面があると思いますが、あの画面の中で文字を書いたり、画像を貼り付けたり、リンクを設定したりする入力ボックスをエディターと言います。
最新版WPではGutenberg(グーテンベルク)という名前のついた新しいエディタが実装されているのですが、これがとても使いづらく、ストレスしか感じないものになっています。そこで、このエディタを以前のシンプルで使い勝手の良いエディタに戻してくれるプラグイン、それが「Classic Editor」です。

SiteGuard WP Plugin


WordPressは不正アクセスが多い媒体であると、上記で説明しましたが、そもそもログイン画面のURLを独自のものに変更してしまい、アクセス試行をできなくしてしまおう、という素敵なセキュリティ対策のプラグインです。その他、サイトを守るための数々の設定を行うことができます。
プラグインを有効化すると、早速ログイン画面のURLが変更されますので、そちらの新しいログイン画面のURLをブックマークしておきましょう。

その他の設定

トップページ設定

管理画面メニューの「固定ページ」→「新規追加」をクリック。
「トップページ」というページタイトルで、その他は何も入力せず「公開」をクリック。
次に、管理画面メニューの「表示設定」をクリック。
「ホームページの表示」という蘭があるので、「最新の投稿」ではなく、「固定ページ」にチェックを入れます。すると、「ホームページ」という部分が選択できるようになるので、これを「トップページ」に変更し、ページ最下部の「変更を保存」をクリック。
こうすることで、トップページを表示のに、「front-page.php」というテンプレートが優先的に読み込まれるようになります。できることが増えていくと、後々便利な使い方ができるので、今のうちに習慣づけておきましょう。

お問い合わせ
CONTACT US

お問い合わせ・お見積もり

最高のウェブは、丁寧なヒアリングから。

知識や具体的な形が見えていなくても、ご安心ください。
私たちが丁寧にお客様の想いを具現化してまいります。

contact
CONTACT US